心筋梗塞

このページでは、日本人の死亡原因第2位である心筋梗塞にならないために、人間ドックで受けるべき検査やその内容について紹介しています。

心筋梗塞とはどんな病気か

心筋梗塞などの心臓の病気は突然やってくることが多いものです。そのためいざ発症すると対処ができず手遅れになってしまうことも。そこで重要なのは、心筋梗塞や虚血性心疾患を予見することにあります。

そもそも心筋梗塞は、心臓の周りに覆うように通っている血管が動脈硬化や何かほかの原因で詰まってしまい、心臓を動かしている心筋(心臓の筋肉)に血液が行かなくなってしまった状態をいいます。

心筋への血流が滞ってしまうと栄養が行かなくなり、その部分の細胞や組織が壊死してしまいます。そうすると心臓は正常に働かなくなりやがて死に至る恐ろしい病気なのです。

似たような病気に狭心症があります。心筋梗塞は完全に血管が詰まってしまった状態にあり、狭心症は血管が狭くなったり細くなった状態と考えるといいでしょう。

このような心筋梗塞や狭心症は、高血圧や高脂血症などから起こる動脈硬化と密接な関係があります。これらの病気は生活習慣病のひとつとされていますので、生活習慣を見直し動脈硬化を防いで血液の流れを妨げない生活を心がけることが大切です。

心筋梗塞を見つけるための検査とは

心筋梗塞などの虚血性心疾患を見つけるためには、人間ドックで行っている検査を受けることをおすすめします。中でも心臓の機能や動きを調べる検査や血管や血液の状態を調べる検査が必要です。

例えば、心電図、心臓エコー(超音波検査)、胸部X線、血圧測定、動脈硬化検査などが挙げられます。

  • 心電図…電極を付け心臓から出る電気信号の波形から心筋梗塞特有の所見がないかを調べます。
  • 心臓エコー(超音波検査)…心臓の壁の動きや機能に問題がないかを確認することができます。
  • 胸部X線…心臓の大きさやその周囲の組織や器官の異常を確認することができます。
  • 血液検査…・トロポニンT、トロポニンI、クレアチンキナーゼ(CK)、CK-MBの数値が上がると心筋梗塞の可能性が高くなります。
  • 血圧測定…血圧が高いことで心臓が正常に機能しているかがわかります。
  • 動脈硬化検査…動脈硬化になるとCAVIの数値が高まることから血液検査によってこの数値を確認します。

これらの多角的な検査を行うことで心筋梗塞の有無や予測をすることができるようになります。中にはオプションとなっている検査もありますので、体調や担当医師と相談して度の検査を受けた方がいいのかを決めましょう。

 
PAGE TOP