健康診断で見つかりにくいがん

このページでは、一般的な健康診断では見つけにくいが人間ドックを受けることで見つかる確率が高くなるがんについて解説しています。

がんのアプローチ 健康診断と人間ドックの違いとは

なぜ、健康診断では見つからないがんが、人間ドックでは見つけやすくなるのでしょうか。それには、検査項目の違いに原因があります。

健康診断と人間ドックの違いについては、なんとなく知ってはいるけれどきちんとした定義は知らない人がほとんどでしょう。

簡単に言うと、健康診断という大きなくくりの中に、より細かく検査を行う人間ドックが含まれていると考えるといいでしょう。どちらを選ぶかは受診者が決めることができます。

そもそも国が力を入れている一般健康診断は根本に生活習慣病の予防や早期発見を目的としています。したがって一般健康診断では、主に5大がんといわれる胃がん、肺がん、大腸がん、子宮がん、乳がんの発見に焦点を当てた検診内容となっています。

しかし、膵臓がんのように、近年日本で増加しているにも関わらず(消化器がんによる死亡の第5位)集団検診の方法が確立されていないがんは、国や自治体の行なう一般健康診断では検査されていません。

人間ドックはもっと幅広い病気や異常の発見を目的としています。したがって一般健診と比べても検査の数はかなり多く時間もかかりますし、費用もそれだけ高額になります。ただ、人間ドックは一般健診では見落としてしまいがちながんを発見するために大変有効な手段といえます。がんは全身の至る所にできる可能性を持っています。初期の段階では症状をほとんど感じないことが多いため早期発見が大変重要だといわれています。こういった隠れたがんを見つけるためには、さまざまな検査を一括して行う人間ドックを受けることをおすすめします。

人間ドックで見つかるがん

健康診断でもいろいろながんが見つかることがありますが、特に人間ドックでは食道がん、腎がん、甲状腺がん、膀胱がん、膵臓がんなどが見つかります

発見率そのものは1000人に2.4人と少ないように思えますが、国の健診と比べるとかなり確率は高いといえます。人間ドックの基本検査に入っている超音波検査では、膵がんなどがかなりの高確率で見つかると言われています。

膵臓がんは、最も「見つかりにくく、治りにくい」がんの一つとして知られており、症状が現れるときには治療が難しい段階になっている場合が多いといわれています。そのため、膵臓がんを早期発見するためには、自主的に人間ドックを受信することが、現在ではいちばん現実的な対策です。

健診でも見つかる胃がんは人間ドックでは7割が早期に見つかっており、又注申すべき点は定期的に人間ドックを受けている人ほど早期発見の確率が高くなるということです。

また、同じく人間ドックの基本検査であるPSAという血液検査では前立腺がんの発見も可能になります。

がんは予測せず進行していることもある恐ろしい病気です。早期発見の重要性は常に叫ばれています。是非一般健診で満足せず定期的に人間ドックを受けて早期発見のチャンスをしっかりつかんでおきましょう。

 
PAGE TOP