おすすめ人間ドックランキング in 東京 » 人間ドックで備える 年齢別の病気対策

人間ドックで備える 年齢別の病気対策

このコーナーでは、人間ドックで予防や早期発見ができる性別・年齢別の病気について、具体的に解説しています。

年齢で違う病気の特徴を知る

人間ドックは年齢が高くなってから行くものと思っている人は意外に多いものです。確かに40代を過ぎたあたりからさまざまな体の不調や変化を感じやすくなり、老化を感じ始めるようになります。がんや脳卒中などの生活習慣病に罹る人もグンと増えるのがこの年齢ですが、実はもっと若い人にも特徴的な病気があります。

若いうちはあまり病気を意識することはありませんでした。いくら徹夜しても夜更かししても翌日には元気に復活していたあのころとは違って、30代になると徐々に体は老化が進み抵抗力も衰え始めなんとなく体調が悪いという日が増えてきます。仕事も子育ても忙しくてなかなか休養を取ることができないのもこの年代から上の人に多く見られます。

具体的に挙げてみると、年代事の特徴は以下の通りです。

  • 30代男性…「未病」つまり病気未満ではあるけれどさまざまな病気の発生がスタートする年代です。
  • 30代女性…出産の多い年代であるこの世代は子宮に要注意です。
  • 40代男性…不規則な生活習慣から起こり得る多くの病気の可能性がぐんと増える年代です。
  • 40代女性…更年期による体の変化がみられる年代です。

年代ごとの病気の発見の最善策

いざ病院に行ってみようと思ってもなかなか足が向かないのが現実です。「時間がかかる」「面倒」のような理由や「何の病気でどこが悪いのかわからないからどこに行けばいいのかわからない」という人も多いはずです。

そこでおすすめなのが人間ドックです。人間ドックはいろいろな病気や体の異常の発見を目的にしているので検査項目も多く幅広い病気に対応しています。ひとつの検査で確定診断ができなくてもその他の検査も同時に行っているため複数の検査結果を基にして診断を行うことができます。ですから何度も検査に行く必要もなく早期発見や病気の可能性を見つけ出すことができるというわけです。

基本的に病気でない場合には保険は適用されません。そのため病気の予見のために受ける人間ドックは高額になりがちですが、健康に生活するという大きなメリットを考えればこれ以上の選択肢はないでしょう。

ある年齢になったら定期的な人間ドックを受診することで、現在の体の状態と共に将来的な病気の予防に努めることを強くおすすめします。

PAGE TOP