50代男性

家庭でも仕事上でも重要な位置にある50代男性。そんな50代男性が人間ドックで発見されやすい病気や体の実情について解説していきます。

※2019年12月時点の情報です。

50代以降の男性が人間ドックで見つかりやすい病気

50代男性は、会社での要職についているという方もおり、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、様々な重責を担っている世代です。絶対に病に倒れられないという強い気持ちがあるものの、体力の低下は避けられない時期でもあり、疲労やストレス、長年の生活習慣が影響し、がんや糖尿病などの生活習慣病をはじめとした病気のリスクが高まりますので、十分な注意と高い予防意識が必要です。

50代男性が人間ドックで見つかりやすい病気としてまず挙げられるのが、糖尿病や高血圧、心疾患、肥満といったいわゆる「生活習慣病」です。日常では痛みや症状がみられない場合もあり、「サイレントキラー」という別名ももつ生活習慣病は、放っておくと命に関わる疾患につながる恐れがありますので、人間ドックで指摘された場合には、治療や生活習慣の見直しなどが必要となります。

人間ドックのオプションとして実施されることが多い脳ドックでは、脳血管疾患が見つかる場合があります。年齢を重ねるにつれ、血管の弾性がなくなってくると、脳梗塞のリスクも高まります。発症すると命の危険がありますので、早期発見・早期治療が重要です。

各部位の悪性新生物(がん)も50代男性に見つかりやすい病気として挙げられます。50代では、胃・肺・肝臓など、がんのリスクが考えられる部位はしっかりと検査を受けることが必要です。特に50代男性では、前立腺がんのリスクが高まってくる年代ですので、症状の有無に関わらず検査するのが望ましいでしょう。

参照元:国立がん研究センター 最新がん統計

50代男性・体の実情は?

気持ちは若いのに、体力が伴わなくなりはじめ、様々な体の不調が目立ちはじめます。それでも「自分は大丈夫」と言い聞かせたり、日々の多忙を理由にしたりして、病院の受診を後回しにしてしまう人も少なくないようです。いよいよ体調が悪くなり受診した頃には、病気がかなり進行してしまっていたという場合も…。

そうなる前に、ここまで健康に年齢を重ねた50代だからこそ、これから先も病気にならないために、日頃からの予防が大切。定期的な人間ドックは、体の状態を正確かつ詳細に把握することが可能ですので、50代以降の健康維持には欠かせないものです。

人生100年時代の今、まだまだ現役世代の50代男性にとって、定期的な人間ドックを通しての健康維持は、自分のためだけでなく、家族や職場のためにも大変重要なものといえるでしょう。

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

免責事項

このサイトは2015年11月時点の情報をもとに、個人が情報を収集してまとめたサイトです。最新の情報は各クリニックの公式サイトをご確認ください。クリニックで受ける人間ドックに関する検査は保険適用外となり、全額自己負担となります。また、クリニックによってプランや検査数が異なるため費用が変動します。副作用やリスクなども検査方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから検査をご検討いただくことを推奨いたします。

行ってよかった 人間ドック体験談
いますぐ解決!人間ドック質問箱
【エリア別】おすすめ人間ドック
運営者情報
PAGE TOP