60代の男性

このページでは60代の男性が人間ドックを受けると見つかりやすい病気、さらには60代の男性が人間ドックを受ける意義を紹介しています。

60代の男性が人間ドックを受けると見つかりやすい病気

60代は身体の変化を感じやすい年代です。また現在の定義では65歳以上を高齢者と考えるので、精神的にも変化を感じやすい年代といえるでしょう。

昔に比べると活動的な方が増えていることは事実ですが、それでも年齢とともに病気は見つかりやすくなります。「まだまだ元気!」と考えて、健康診断や人間ドックを疎かにしていると気づかない間に重大な病気が進行していたということもあるので注意しましょう。

60代の男性が人間ドックを受けると見つかりやすい病気として、糖尿病・高血圧・脂質異常症・心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患・悪性腫瘍などが挙げられます。

これらの中、特に身近な病気といえるのが、糖尿病・高血圧・脂質異常症です。厚生労働省が発表している「平成28年国民生活基礎調査」によると、60~69歳男性の通院者率(人口1,000人対)は、糖尿病122.8、高血圧251.9、脂質異常症80.2となっています。

ちなみに狭心症・心筋梗塞の通院者率は39.7、その他の循環器系の病気の通院者率は32.6、悪性新生物の通院者率は15.0です。糖尿病・高血圧・脂質異常症は、さまざまな病気のリスクを高める恐れがあります。人間ドックなどで把握して、しっかりと管理しましょう。

参考:平成28年国民生活基礎調査の概況(統計表)

60代男性の身体の実情は?

続いて60代男性の死因順位を見ていきましょう。「平成30年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、60代男性の死因トップ5は以下の通りです。

  • 1位:悪性新生物
  • 2位:心疾患
  • 3位:脳血管疾患
  • 4位:肝疾患(60~64歳)・肺炎(65~69歳)
  • 5位:不慮の事故

参考:平成30年人口動態統計月報年計(概数)の概況

参考にトップ3の死亡数を紹介します。

  • 悪性新生物:39,561人
  • 心疾患:12,218人
  • 脳血管疾患:6,111人

悪性新生物により命を落とす方が多いことがわかります。かつては不治の病といわれた悪性新生物ですが、2006~2008年に悪性新生物と診断された方の5年相対生存率は62.1%(男性59.1%)です。悪性度の低い癌や早期発見した癌であれば治療できる時代になっているのです。

参考: 国立がん研究センターがん情報サービス:最新がん統計

人間ドックでは悪性新生物はもちろん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧、脂質異常症などをまとめて調べられます。さまざまな検査を受けて、病気を早期発見するとともに、健康維持のポイントがわかる点が魅力です。60代の男性は、健康寿命を延ばすため定期的に人間ドックを受けましょう。

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

免責事項

このサイトは2015年11月時点の情報をもとに、個人が情報を収集してまとめたサイトです。最新の情報は各クリニックの公式サイトをご確認ください。クリニックで受ける人間ドックに関する検査は保険適用外となり、全額自己負担となります。また、クリニックによってプランや検査数が異なるため費用が変動します。副作用やリスクなども検査方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから検査をご検討いただくことを推奨いたします。

行ってよかった 人間ドック体験談
いますぐ解決!人間ドック質問箱
【エリア別】おすすめ人間ドック
運営者情報
PAGE TOP