30代女性

このページでは、人間ドックの受診を考え始める30代女性のために、検査で見つかりやすい病気とその予防のポイントを解説していきます。

30代女性が人間ドックで見つかりやすい病気

女性で人間ドックを受診するのは30代移行の年齢がほとんどのようです。30代の女性が人間ドックによって見つかりやすい病気には、年齢による体の変化を受けたものが多くなります。

女性の場合、排卵や生理や妊娠、出産といった男性とは違う体の造りをしています。そのため女性特有の不調や病気があるのはよく知られているところですね。

30代女性が人間ドックで見つけやすい病気を挙げてみましょう。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • 乳がん・子宮がん
  • 骨粗しょう症
  • 甲状腺機能障害

女性は30代になるとホルモンのバランスが徐々に変わり始めます。そのため子宮や卵巣、乳房などに異常が起こるリスクが高まってきます。

特に子宮内膜症や子宮筋腫になる可能性は30代から急激に増加するといわれています。悪化すると手術による病巣の摘出や最悪の場合卵巣全摘出といったことにもなりかねません。

また乳がんや子宮がんも年々増加傾向にありますから、糖分や動物性たんぱく質の摂りすぎに注意が必要です。

30代女性の体の実状は

30代の女性は人生の中で最もパワフルに活動している時期です。仕事やプライベートなどに大忙しで、どうしても無理をしてしまう頃でもあります。でも、実際には20代の頃とはまったく違う体の状態に気付くはずです。朝起きられない、疲れが残る、肌荒れ、ニキビ、生理不順などさまざまな不調がやってきます。これも日常生活にみられる無理や不摂生が原因です。女性の場合、男性ほど飲み会や残業をしない傾向があるとは言え、もともと男性より体力が少ないことに留意しましょう。

また、近年出産年齢が高くなり、30代の出産が増えています。しかしようやく妊娠したのに子宮がんが見つかった、など悲しい現実にぶつかる人もいます。妊娠出産は女性にとっては最大のヤマ場です。万全の体制で臨むためにも体調管理はしっかりとしておきたいものです。病気のリスクを少しでも減らし、異常を素早く見つける人間ドックのメリットは、30代女性にとっては非常に大きいといえるでしょう。

そのためには、定期的な人間ドックの受診は不可欠といえます。以前のデータと比較しながら定期的に受けることで、体の変化を克明に管理することが可能です。そうすれば将来的な病気のリスクを予見することもできますし、初期の子宮筋腫や子宮がんなどの病気が見つかった場合でも早期に治療すればほぼ完治するといわれています。

PAGE TOP