レディースドック

ここでは人間ドックのレディースドックコースについて、検査項目と発見できる病気、費用相場などの情報を掲載しています。

女性のための人間ドック・レディースドックの検査項目と病名一覧

レディースドックの解釈には2通りあって、1つは女性に特有の病気を発見するための検査が中心になっているもの。もう1つは一般的な人間ドックのコースを女性向きに、女医などによって行うものです。

ここでは女性特有の病気を発見するためのレディースドックの検査内容の例と、それによって見つかる病気の種類を紹介しています。

レディースドックの検査内容

女性特有の病気を発見するための検査がメインなので、女性特有の器官である乳房・子宮・卵巣の検査と、血液検査の数値とを組み合わせた診断が行われます。

  • 婦人科疾患:骨盤MRI(子宮・卵巣)、子宮細胞診、乳腺MRI(造影)、乳腺エコー
  • 血液検査:感染症検査2項目、性感染症検査8項目

見つけられる病気

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫など

レディースドックの費用相場

レディースドックには食事や宿泊がセットになっているもの、グループで受けられるものなど独自サービスが付いているものがあります。料金も様々で2万円台のものから10万円を超えるものがありますが、一般的なレディースドックの費用相場は次のようになります。

  • 【レディースドックの費用】5~7万円

レディースドックに使用する検査機器

最近の婦人科の検査では、最先端の機器を使ったストレスがない人間ドックも増えてきました。

乳がんなどの検査に使用されるX線マンモグラフィーは痛みや羞恥心のために敬遠されることがありましたが、MRIによる検査が行われるようになったことで初めての女性でも、抵抗無く人間ドックを受けられるようになりました。

MRI(磁気共鳴画像)

磁気を利用して生体の断面画像を得ることができる装置のことです。

X線を使わないため被曝の心配がないことが利点で、CTより鮮明な画像が得られることで早期に病変を発見することができます。磁気を使用するので体内に金属が埋め込まれている場合は、撮影できないこともあります。MRIの原理を応用して体内の血管の様子を詳しく立体画像化することも可能で、これをMRAと呼びます。

超音波診断装置(エコー)

検査対象部位に超音波を当てて、反射した超音波を測定することで内部の様子を可視化する装置。

心臓や頚動脈、腹部、乳房など、下腿頭蓋に覆われた頭部を除けば、体のほとんどの部位で超音波による健診が可能です。リアルタイムに画像を見ることができるため、心筋梗塞や動脈硬化の予兆の発見に大いに役立っています。また女性の乳がんの検査などでもX線マンモグラフィーと比べて痛みや不快感が無く、病変の検出精度にもすぐれていることが特徴です。

X線マンモグラフィー

乳房専用のX線装置で、2枚の板で乳房を挟み込み薄くした状態でX線撮影を行います。触診や超音波では解りにくい小さな石灰化も発見できるため乳がんの早期発見に有効です。

PAGE TOP