おすすめ人間ドックランキング in 東京 » どうやって調べる?人間ドックの検査項目

どうやって調べる?人間ドックの検査項目

このカテゴリでは、人間ドックで行われているさまざまな検査がどのようにして行われ、どんなことがわかるのかについて解説しています。

その検査項目で何が分かるのか

人間ドックを一言で表すと、体に起こっているさまざまな異変や病気を少しでも早期発見し早期治療に結びつけるために行う検査です。

しかし体の中に起こる病気は非常に多彩で、部位や病気の性質、程度など個人差がとても大きいものです。病名は同じでも、その病気がどこにできてどんなふうに進行するのかは、人によって千差万別で同じ人はいません。そんな病気や異常をできるだけ的確に診断するために、さまざまな検査が行われています。

CTやMRI、エコーなど、人間ドックの検査項目は、名前は聞いたことがあっても、実際にはどんなことが行われて、そして検査によってどんなことがわかるのかは、説明を受けるまではよく分からない人が多いでしょう。

そこで人間ドックを受ける前の基礎知識として、検査の意味やどんな病気がわかるのかなどをわかりやすく解説していきます。

 人間ドックで行われる代表的な検査項目

現在最も主流となっている検査としては、以下のものが挙げられます。

  • 内視鏡検査…高性能のカメラを先端に付けたチューブを体内に挿入して行う検査
  • CT(コンピューター断層)…体に全方向からX線を照射して撮影した画像をコンピュータ処理して行う検査
  • 超音波診断(エコー)…体に超音波を当てて、その反射を解析して映像化する検査
  • 腫瘍マーカー…血液検査によって、がん・腫瘍を発見する検査
  • MRI(磁気共鳴画像)…磁気を使って体内を撮影する検査
  • PET検診…陽電子放射線断層撮影によってがんを細胞レベルで見つける検査

人間ドックでは、これらの検査項目と検査する部位とを組み合わせて「がんドック」や「心臓ドック」「生活習慣病診断」などといったコースに仕立てることが多いです。

どの検査項目までが基本プランに組み込まれているかも、クリニックによってよってかなり異なります。プラン名・コース名を見ただけでは、どの検査が基本プランに含まれ、どの検査がオプションプランとして選択制になっているのかは分からないので、検査を受けるクリニックのWebサイトやパンフレットなどにしっかり目を通し、確認しておきましょう。

殆どのクリニックでは、あらかじめ用意された人間ドックプランの他に、希望の検査をオプション項目として追加できますが、合算すると思いがけず高額になってしまう例もあります。なるべく最初から、自分の受けたい検査項目を含んだコースを選んだ方が無難でしょう。

PAGE TOP