超音波診断(エコー)

 体の外から超音波を当てて検査を行う超音波診断。エコーとも呼ばれるこの検査について詳しく解説していきます。

超音波診断とはどのようなものか

超音波とは、お腹の外に超音波が出る機器を当て体の内部に向かって超音波を発して行う検査です。

超音波は正確には音、つまり音波のひとつですが、その中でも人の耳には聞こえないくらい高い周波数を超音波と言います。音はものにぶつかると跳ね返る性質を持っています。超音波をお腹の表面に当てると体の中まで通過しますがその時内部にある内臓や骨などいろいろな臓器にぶつかって反射します。その際、ぶつかるものによって反射の度合いが異なるためそれをコンピュータで解析して映像にしたものが超音波診断の原理です。

X線と違って体に影響することはないため、妊婦健診でも積極的に使われるほど安全性の高い検査です。

超音波診断でなにがわかるのか

超音波診断には、検査する位置によって胸部エコーと腹部エコーがあります。胸部エコーは心エコーとも呼ばれ心臓を中心として検査します。腹部エコーは、肝臓や腎臓、膵臓、胆嚢などを中心に検査を行います。

超音波診断によってどのような病気がわかるかを紹介しましょう。

胸部エコー

  • 心筋梗塞
  • 心肥大
  • 心不全
  • 心臓弁膜症
  • 心筋症
  • 心房中隔欠損症

腹部エコー

  • 肝臓…肝血管異常・肝血管腫、脂肪肝、肝腫瘍(悪性、良性)、肝腫瘤、肝内石灰化、肝内胆管拡張、肝内胆管結石、肝嚢胞・肝嚢胞性腫瘍、気腫、慢性肝障害
  • 胆嚢…胆管拡張、胆管気腫、胆管結石、胆管腫瘍、胆管壁肥厚、胆泥、胆嚢気腫、胆嚢結石、胆嚢腫瘤、胆嚢腺筋腫症、胆嚢腫大、胆嚢ポリープ、びまん性胆嚢壁肥厚
  • 膵臓…膵萎縮、膵管拡張、膵腫瘍、膵石、膵膿胞、膵膿胞性腫瘍、変形、膵肥大
  • 腎臓…腎萎縮、腎盂拡張、腎血管筋脂肪腫、腎結石、腎腫瘍、腎腫瘤、腎石灰化、腎膿胞、腎膿胞性腫瘍、変形、腎腫大、水腎症、多発性膿胞腎
  • 腹部大動脈・その他…胸水、心嚢水、石灰化、脾腫、脾腫瘍、脾嚢胞、脾嚢胞性腫瘍、脾門部異常血管、脾門部腫瘤、腹水、副脾、腹部腫瘍、腹部大動脈瘤、リンパ節腫大

女性の場合には子宮の検査にも用いられ、子宮筋腫などの診断に活用されています。

超音波診断のデメリット

多くの病気の診断に役立つ超音波診断ですがデメリットもあります。

音波は一方向性の波長なのでどうしても超音波が到達しにくい場所があるのです。つまり内臓の裏側に隠れている臓器や奥深くにある部位については診断が難しいことがあります。

肝臓などに隠れている膵臓は特に到達しにくいために画像で見えづらい状態で診断が難しくなります。

また、超音波の画像はモノクロで素人目にはわからないような画像です。診断する先生の熟練した観察眼がモノをいう検査とも言えます。

PAGE TOP