PET検診

全身のがんの、ごく早期段階での発見に役立つとされているPET検診について、腫瘍マーカーとの違いや特徴などを解説します。

PETがん検診の特徴とは

誰もが一番恐れているがんを発見するために行う検査のひとつがPET検診です。

そもそもPETとは陽電子放射線断層撮影のことをいいます。一般的な画像診断ではがんが形を成してはじめてわかるものです。また何らかの症状がおこってから検査に行くことも多いでしょう。そうなるとがんはある程度進行しているケースも少なくありません。

PETで検診は、がんを細胞レベルで見つけ出すことを目的としています。がん細胞だけに反応する薬剤を点滴で体内に注入して、それを画像化できる機械で撮影を行います。以前は全国でも限られた医療機関しか導入しておらず非常に高額でしたが、最近では受けられるクリニックもかなり増えてきました。既に欧米ではがんの早期発見のためにPET診断は積極的に行われているようです。

他のがん検査との違いとは

人間ドックでも行われる腫瘍マーカーは、血液検査でがんの有無を調べることができます。

これは、がん細胞が特殊な物質を放出することを利用して血液検査によってその物質の数値を図り、どこにがんがあるのかをある程度特定することができます。

ただし、腫瘍マーカーはがんがある程度成長しなければ特定するほどの数値を得られなかったり、また現在ではおもにがんの治療後の再発の有無や経過の確認のために行われることが多いようです。

それに対しPET検診では、まだがんとしての形を成すほど成長していない細胞の段階で見つけることができる優れものです。細胞レベルでがんを発見できれば、早期治療も可能になり生存率はぐんとアップします。

したがって腫瘍マーカーが治療後などの主に使われるのに対してPETは予防や早期発見のための検査と考えるといいでしょう。

また、これまでの検査では痛みや不快感を伴うものも少なくありませんでしたが、PETは注射を1本打つだけで機械の中に入り検査を行うだけですから負担もかなり軽くなりました。一度の検査でほぼ全身のスクリーニング(ふるい出し)ができて結果を待つ時間も少なくて済みます。

がんに不安のある人にはオススメの検査といえますが、中には発見の難しいがんもありますので100%とはいえないようです。万全を期すためには、PETがん検診と他の検査と並行して行うことをおすすめします。

PAGE TOP