肺機能検査(スパイロメトリー)

肺機能検査は、人間ドックで行われる検査の一つです。肺活量と努力性肺活量、1秒率や%肺活量などを調べることで、呼吸器に異常がないかを確認できます。

肺機能検査の流れ

肺機能の検査では、測定装置の酸素吸入口に息を吐きだすことで、肺活量と努力性肺活量の数値が測定できます。ただし、息を吐きだすときに鼻から空気が漏れると、肺活量を正確に測れません。そのため、検査時には、鼻から空気が漏れないように、ノーズクリップで鼻を抑える必要があります。息を吐きだすタイミングについては、測定のときに合図を出してくれるので問題ありません。

検査では、息を吐きだすための相図があるまでは、静かに呼吸をすることを心がけましょう。息を吐く相図をされた際は、息は必ず吐ききることが大切です。大きく息を吸って吐いてを2、3度繰り返したら検査は終了です。比較的早く終わる検査で、検査時間は10分程度で済みます。

肺機能検査に用いる機器の種類

肺機能を調べる検査では、スパイロメーター(スパイロメトリー)という測定装置が用いられます。スパイロメーターでは、検査を受けた人の年齢や性別、身長から適切な肺活量が保たれているかを調べることが可能。基準値よりも明らかに肺活量が少なければ、呼吸器の疾患が疑われます。

どういった病気を見つけるのに役立つか

肺活量は成人男性でおよそ3500ml、女性で2500ml程度が目安となっています。もしも、年齢や性別から求められた基準値と実測値の比率である「%肺活量」が80%未満だと、拘束性肺機能障害、肺線維症や間質性肺炎が疑われます。ほかにも検査結果で1秒率(一杯に息を吸い込み吐き出した空気の量の1秒の比率)が70%未満だと、閉塞性肺機能障害、慢性気管支炎や肺気腫が考えられるでしょう。

上記の%肺活量、1秒率の値がともに低い場合は、混合性換気障害の疑いがあります。これらの検査数値に異常が見られた場合は、CTやX線、血液検査を行って総合的に病気かどうかが判断されます。

満足いく肺機能検査を見つけるコツ

肺機能検査自体は、体への負担も少なく短時間で終わるため、クリニックによる診断の差はそこまでないといえます。しかし、万が一病気の疑いがあるときはCTやX線、血液検査を受けなければならないので、設備が整っているクリニックがおすすめです。設備が整っていないクリニックで受診してしまうと、連携している病院で検査をしても結果を聞きにくい必要があります。特に、喫煙者は肺機能の疾患が起こる可能性が高いので、あらかじめ設備の整っているクリニックで検査を受けることをおすすめします。

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

免責事項

このサイトは2015年11月時点の情報をもとに、個人が情報を収集してまとめたサイトです。最新の情報は各クリニックの公式サイトをご確認ください。クリニックで受ける人間ドックに関する検査は保険適用外となり、全額自己負担となります。また、クリニックによってプランや検査数が異なるため費用が変動します。副作用やリスクなども検査方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから検査をご検討いただくことを推奨いたします。

行ってよかった 人間ドック体験談
いますぐ解決!人間ドック質問箱
【エリア別】おすすめ人間ドック
運営者情報
PAGE TOP