どのくらいの費用がかかる?

ここでは東京周辺エリアの人間ドックの、各コース別費用をまとめて紹介しています。

知っておきたい人間ドックの料金相場

人間ドックには体全体の検査を1度に行う全身ドックと、脳や心臓に特化した「脳ドック」「心臓ドック」、がんの発見に的を絞った「がんドック」、女性特有の病気を見付ける「レディースドック」などがあります。東京周辺における人間ドックのそれぞれのコースで、必要な費用の相場を見てみましょう。

コースごとに見る人間ドックの費用例

コース 平均費用相場
全身ドック(日帰り) 25~30万円
全身ドック(1泊2日) 30~40万円
脳ドック 6万5,000円~7万5,000円
心臓ドック 5~10万円
がんドック 22~23万円
レディースドック 5~7万円

高いと見るか安いと見るかはオプション次第

知っておきたい人間ドックの料金相場病院のホームページには、日帰りの全身ドックが3~5万円、1泊2日の全身ドックでも5~7万円程度の金額が掲載されていることが多いと思います。

ただし、この表で掲載している金額は、人間ドックのそれぞれのコースで最上級の検査を受けた場合の料金です。一般的には基本コースの料金が安く設定されていますが、この検査だけでは健康診断にX線撮影や超音波健診を加えた程度のものが多く、がんや心筋梗塞、脳梗塞など重大な病気の予兆を発見することはできません

それらの病気を発見するためには、基本の検査にオプションで用意されている検査を付け加えることが必要なのですが、全ての検査を加えると上の表の最上級コースと同じ程度の金額か、もっと高い金額になってしまうこともあります。

検査項目と料金の対比

人間ドックを選ぶ時には、見かけの費用だけでなく検査項目と費用の対比を行うことが大切。いくら安くても重大な病気が発見できないのでは、人間ドックを受診する意味がありません

とはいえ、料金が高ければ精密な検査を行ってくれるだろうと考えることも間違いです。人間ドックは自由診療なので、検査項目や料金は医療施設が独自に決めることができます。同じ検査内容でも高い料金に設定することが可能なので、検査項目を比較した上で費用が妥当かを考慮することが必要なのです。

全身ドックの場合は1日で検査が完了する日帰りドックと、2日にわたって検査を行う1泊2日ドック(宿泊ドック)があります。宿泊ドックの料金を日帰りドックの2倍くらいに設定している医療施設がありますが、2日目の検査は3時間程度しか行わないところが多いことを考えると、この料金設定は高すぎると考えられます。

良心的な人間ドックの料金設定としては、宿泊ドックの料金は日帰りドックの1.3~1.4倍程度が妥当と言えるでしょう。宿泊料金がコース費用に含まれている場合と別料金の場合や、宿泊の手配ができない医療施設もあるので、1泊2日ドックの場合は事前に充分な確認を行うことが必要です。

疾病が見付かった場合は医療費控除が可能

人間ドックは疾病の治療を目的として行われるものではないため、通常は人間ドックの費用を医療費控除の対象にすることができません。ですが、検査によって重大な疾病が発見されて、引き続きその疾病の治療を行うことになった場合は、人間ドックの検査を治療に先だって行われた診察と同様に見なすことで医療費控除の対象に含めることが可能です。

国税庁による所得税基本通達では、人間ドックの費用について次のように規定しています。

所得税基本通達第73条の4

いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する。ただし、健康診断により重大な疾病が発見され、かつ、当該診断に引き続きその疾病の治療をした場合には、当該健康診断のための費用も医療費に該当するものとする。

知っておきたい人間ドックの全国料金相場

全国を6つのブロックに分け、それぞれの地域の1日ドック、2日ドックの料金相場を見てみましょう。

1日ドックの料金相場

北海道・東北 38,575円
関東 46,823円
中部・北陸 39,880円
近畿 44,195円
中国・四国 38,871円
九州・沖縄 37,821円

※全国平均:43,539円

関東や近畿などの人口密集エリアは、他のエリアに比べ、やや料金が高い傾向があるようです。最も高い関東と最も安い九州・沖縄では、料金に約10,000円もの開きがあります。

なお、ここでご紹介している料金相場は「NPO法人人間ドック健診協会」が公表しているものですが、恐らく、調査対象となった各院の「基本コース」の料金を平均したものと思われます。上述の通り、各人に必要な項目を網羅的に検査した場合、より高額な料金となることでしょう。

2日ドックの料金相場

北海道・東北 69,100円
関東 70,315円
中部・北陸 66,055円
近畿 69,370円
中国・四国 64,339円
九州・沖縄 56,353円

※全国平均:67,964円

2日ドックについても、1日ドックと同様に関東・近畿圏の料金が高めです。最高値の関東と最安値の九州・沖縄を比べた場合、約15,000円近い開きがあります。

なお、こちらの料金も1日ドックの場合と同様に、いわゆる「基本コース」の平均値と思われます。宿泊代・入院費用などが含まれているかどうかは不明です。

1日ドックと2日ドックの違い

1日ドックとは、文字通り、1日で終わる人間ドックのこと。1日とは言っても、一般に終日かかるわけではありません。通常は、食事をはさまない程度の時間(3~4時間程度)で終わります。ただし、脳ドックなども含めれば、昼食をはさんで6時間程度の時間を要することもあります。前者を「半日ドック」として区別しているクリニックもあるようです。

それに対して2日ドックとは、1泊2日の時間を要する人間ドックのこと。1日目の検査は夕方に終わり、2日目の検査は午前中に終わる、というパターンが多いようです。

1泊2日の検査なのでホテル代、または入院費なども別途で必要。クリニックの中には、宿泊代込みで料金を表示している例も少なくありません。2日目の昼食をサービスで提供しているクリニックもあります。

なお、1日ドックと2日ドックの検査項目はクリニックにより異なりますが、多くの場合、「ブドウ糖負荷試験」が行われるかどうかが大きな違いとなっています。

コスパで選ぶ東京の人間ドック

東京人間ドッククリニック

東京人間ドッククリニックサイトキャプチャ
引用元:東京人間ドッククリニック(http://www.e-dock.jp/)

東京人間ドッククリニックは、その名の通り、人間ドックに特化した診療を行っているクリニック。年間2,500件以上、累計30,000件以上もの実績を持つ人間ドックの名門クリニックです。

疾病の予防や早期発見を目的とする人間ドックだからこそ、同院では癌とメタボの健診を特に重視。税込5万円台とリーズナブルな標準コースの中には、他院では一般にオプション申込となる胃カメラ・胸部CTが、標準検査項目として加えられています。

コースに含まれる検査項目一覧(標準人間ドック)

胸部CT/胃カメラ/CTによる内臓脂肪測定/各臓器年齢(血管・骨)/無料オプション(乳がん検診、肺機能、肺年齢、禁煙、ダイエットカウンセリング)/問診/身体測定/胴囲/血圧/抹消血/脂質/肝機能3種/感染症(B,C肝炎ウイルス、梅毒)/検尿/便潜血/胸部レントゲン/心電図/糖尿検査/腹部エコー

費用(胃カメラ・胸部CT込み)

59,400円(税込)

所要時間

1時間半~2時間

受診できる時間

8:30~12:00

基本情報

所在地 東京都荒川区東尾久1-30-8
アクセス 京成線「新三河島」駅から徒歩約7分
山手線・京浜東北線「田端」駅から徒歩約15分
山手線・京浜東北線「西日暮里」駅から徒歩約10分
受診時間・休診日 診療時間:9:00~17:00
休診日:日曜・祝日

東京人間ドッククリニックの詳細を
公式HPでチェックする

東京ミッドタウンクリニック

東京ミッドタウンクリニックサイトキャプチャ
引用元:東京ミッドタウンクリニック(https://www.tokyomidtown-mc.jp/)

人間ドックや健康診断などの予防医療を中心に、内科・皮膚科・整形外科などの外来診療も手がけている東京ミッドタウンクリニック。主要な診療は人間ドックで、年間35,000人という都内でも有数の健診実績を誇るクリニックです。

標準コース(77,600円)の検査項目の中には、一般的なクリニックでは有料追加オプションとなる胸部CTと内視鏡検査もあり。網羅的な検査項目と過去の豊富な実績などに照らし、同院の人間ドックは非常にコスパの良い健診と考えて良いでしょう。

コースに含まれる検査項目一覧(基本コース)

胸部(胸部X線直接撮影)/胸部CT/腹部(上部消化管X線造影または上部消化管内視鏡検査)/腹部超音波検査(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓)/循環器(心電図検査)/眼科(眼底カメラ撮影、視力、眼圧)/呼吸機能検査(FVC、FEV1.0%)/血液検査(末梢血液一般検査(赤血球数、白血球数、血色素、ヘマトクリット、血小板数、末梢血液像)/肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP、総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、直接ビリルビン)/脂質(総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール)/代謝系(空腹時血糖、HbA1c、尿酸)/腎機能(クレアチニン、BUN)/膵機能(アミラーゼ)/電解質(Na、K、Cl)/感染症(HBs抗原(抗体、HCV抗体、梅毒(TPHA)/血清学的検査(CRP、RF)/甲状腺検査(TSH、FT3、FT4)/腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、抗P53抗体、PSA※男性のみ、CA125※女性のみ)/基本検査(診察、問診、身長、体重、聴力、血圧、BMI、腹囲)/尿検査(糖、蛋白、潜血、)/体脂肪率/大腸検査(便潜血2日法)

費用(胃カメラ・胸部CT込み)

77,760円(税込)

所要時間

3時間程度

受診できる時間

9:00~18:00

基本情報

所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウンタワー6F
アクセス 都営地下鉄大江戸線「六本木」駅から徒歩4分
受診時間・休診日 受診時間:9:00~18:00
休診日:原則無休(人間ドック)

東京ミッドタウンクリニックの詳細を
公式HPでチェックする

春日クリニック

春日クリニックサイトキャプチャ
引用元:春日クリニック(http://www.kasuga-clinic.com/)

春日クリニックは、標準的な人間ドックから高級人間ドックまで、多彩な健診コースを用意した人間ドックの専門医療機関。検査項目の種類に応じ、標準コースにA、B、Cの3種類を用意。これらに脳ドックを加えたコースや婦人科系の検査を加えたコースなど、受診者のニーズに応じた豊富なコースを用意しています。

もっとも簡易的なコースである日帰りAコースは53,000円。オプションの胸部CTと胃カメラを加えても69,000円と、非常にリーズナブルな料金で健診を受けることができます。

コースに含まれる検査項目一覧(日帰りAコース)

内科(問診・診察)/血液一般/血清/血糖/生化学/検尿/検便/循環機能/胃部X線(追加料金で内視鏡検査に変更可能)/胸部X線(正面)/腹部超音波/身体測定/眼底・眼圧/呼吸機能(肺機能)/栄養相談

費用(胃カメラ・胸部CT込み)

69,000円

※オプション(胸部CT:10,000円/胃部内視鏡:6,000円)を加算

所要時間

3時間程度

受診できる時間

  • 午前コース:受付7:30~10:00
  • 午後コース:受付12:30~12:45

基本情報

所在地 東京都文京区小石川1-12-16 TGビル
アクセス 都営地下鉄三田線「春日」駅から徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅から徒歩8分
受診時間・休診日 受診受付時間:7:30~15:00(人間ドック)
休診日:日曜・祝日

春日クリニックの詳細を
公式HPでチェックする

少しでも費用を抑えて充実した検査を受診したい方に

年に1回程度しか受けない人間ドックとは言え、どの医療機関でも、その費用は高額です。少しでも費用を抑えて人間ドックを受けるためには、以下の3点に注目してクリニック選びをしましょう。

必要な検査項目が含まれているコースを選ぶ

少しでも費用を抑えて受けたい人間ドックですが、費用を重視するあまり、必要な検査項目を割愛してしまっては本末転倒です。人間ドックを受ける目的に立ち返り、かならず検査項目の詳細を確認しておくようにしてください。まずはクリニックごとに、必要な検査項目が含まれているコースをピックアップすることから始めましょう。

各コースの料金をクリニックごとに比較する

各クリニック、必要な検査項目が含まれているコースをピックアップしたら、次にそれぞれのコースの料金を比較します。比較した結果でもっとも料金の安いクリニックを選ぶと良いでしょう。同じ検査項目でも、最安値のクリニックと最高値のクリニックを比較すると、費用が倍くらいになることがあります。

割引制度などを活用する

クリニックによっては、人間ドックに割引制度を設けているところがあります。具体的には「リピーター割引」や「夫婦割引」などです。また、PET検査などのオプションを加えることで割引が適用されるクリニックもあります。各クリニックの公式HPをくまなくチェックし、割引制度の有無を確認しておきましょう。

みんなが気になる人間ドックのあれこれ

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

免責事項

このサイトは2015年11月時点の情報をもとに、個人が情報を収集してまとめたサイトです。最新の情報は各クリニックの公式サイトをご確認ください。

行ってよかった 人間ドック体験談
いますぐ解決!人間ドック質問箱
【エリア別】おすすめ人間ドック
運営者情報
PAGE TOP