どのくらいの費用がかかる?

ここでは東京周辺エリアの人間ドックの、各コース別費用をまとめて紹介しています。

知っておきたい人間ドックの料金相場

人間ドックには体全体の検査を1度に行う全身ドックと、脳や心臓に特化した「脳ドック」「心臓ドック」、がんの発見に的を絞った「がんドック」、女性特有の病気を見付ける「レディースドック」などがあります。東京周辺における人間ドックのそれぞれのコースで、必要な費用の相場を見てみましょう。

コースごとに見る人間ドックの費用例

コース 平均費用相場
全身ドック(日帰り) 25~30万円
全身ドック(1泊2日) 30~40万円
脳ドック 6万5,000円~7万5,000円
心臓ドック 5~10万円
がんドック 22~23万円
レディースドック 5~7万円

高いと見るか安いと見るかはオプション次第

知っておきたい人間ドックの料金相場病院のホームページには、日帰りの全身ドックが3~5万円、1泊2日の全身ドックでも5~7万円程度の金額が掲載されていることが多いと思います。

ただし、この表で掲載している金額は、人間ドックのそれぞれのコースで最上級の検査を受けた場合の料金です。一般的には基本コースの料金が安く設定されていますが、この検査だけでは健康診断にX線撮影や超音波健診を加えた程度のものが多く、がんや心筋梗塞、脳梗塞など重大な病気の予兆を発見することはできません

それらの病気を発見するためには、基本の検査にオプションで用意されている検査を付け加えることが必要なのですが、全ての検査を加えると上の表の最上級コースと同じ程度の金額か、もっと高い金額になってしまうこともあります。

検査項目と料金の対比

人間ドックを選ぶ時には、見かけの費用だけでなく検査項目と費用の対比を行うことが大切。いくら安くても重大な病気が発見できないのでは、人間ドックを受診する意味がありません

とはいえ、料金が高ければ精密な検査を行ってくれるだろうと考えることも間違いです。人間ドックは自由診療なので、検査項目や料金は医療施設が独自に決めることができます。同じ検査内容でも高い料金に設定することが可能なので、検査項目を比較した上で費用が妥当かを考慮することが必要なのです。

全身ドックの場合は1日で検査が完了する日帰りドックと、2日にわたって検査を行う1泊2日ドック(宿泊ドック)があります。宿泊ドックの料金を日帰りドックの2倍くらいに設定している医療施設がありますが、2日目の検査は3時間程度しか行わないところが多いことを考えると、この料金設定は高すぎると考えられます。

良心的な人間ドックの料金設定としては、宿泊ドックの料金は日帰りドックの1.3~1.4倍程度が妥当と言えるでしょう。宿泊料金がコース費用に含まれている場合と別料金の場合や、宿泊の手配ができない医療施設もあるので、1泊2日ドックの場合は事前に充分な確認を行うことが必要です。

疾病が見付かった場合は医療費控除が可能

人間ドックは疾病の治療を目的として行われるものではないため、通常は人間ドックの費用を医療費控除の対象にすることができません。ですが、検査によって重大な疾病が発見されて、引き続きその疾病の治療を行うことになった場合は、人間ドックの検査を治療に先だって行われた診察と同様に見なすことで医療費控除の対象に含めることが可能です。

国税庁による所得税基本通達では、人間ドックの費用について次のように規定しています。

所得税基本通達第73条の4

いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する。ただし、健康診断により重大な疾病が発見され、かつ、当該診断に引き続きその疾病の治療をした場合には、当該健康診断のための費用も医療費に該当するものとする。

PAGE TOP