おすすめ人間ドックランキング in 東京 » いますぐ解決!人間ドック質問箱 » なぜ妊娠中に人間ドックを受けてはいけないのか

なぜ妊娠中に人間ドックを受けてはいけないのか

妊婦

妊娠している女性は、胎児への影響を極力減らすために人間ドックを受けられません。とはいえ、理由もわからずただ「人間ドックはダメ!」といわれても納得できないでしょう。

今回は、どうして妊娠中は人間ドックを受けられないのか、もし妊娠中に人間ドックを受けてしまったらどうすればよいのか、といった情報をご紹介します。

どうして妊娠中に人間ドックを受けられないの?

妊娠中の女性が人間ドックを受けないほうがよいといわれるのは、「胎児に影響があるかもしれないから」です。

とはいえ、体重や身長、血圧や聴力を計ったところで胎児に影響が出るはずもありません。では、どういった検査が妊婦によくないといわれているのでしょうか。

一番はレントゲン検査による胎児への影響を考えているから

一番の問題は、バリウムやCTなどのレントゲン撮影による放射線の被ばくが、胎児に悪影響を与えてしまうかもしれないからです。

もちろん、検査用の機器による被ばく量はごく微量で、大人や子どもが検査を受けてもただちに影響が出ることはまずありません。

しかし、胎児は未熟でか弱い存在。被ばくに対する抵抗力も弱いため、念には念を入れて影響があるかもしれない検査も行う人間ドックは受けないようにしましょう、といわれています。

人間ドックの当日に妊娠がわかった場合はどうすればよいの?

気になるのは、「妊娠初期だけど、人間ドックを受けることになった」「人間ドックの当日に妊娠がわかった」というケースですよね。しかし、ご安心ください。一度人間ドックを受けたところで、まず問題はありません。

影響のある検査を外してもらうこともできる

人間ドックの検査項目のなかで胎児に影響がある可能性をもっているのは、各種レントゲンによる検査に腹部や子宮を刺激する触診、子宮頸がん検査くらいです。

つまり、人間ドックを受ける場合、妊娠していることを伝えて一部の検査を外してもらえば、その他の検査を受けても問題はありません。

妊娠したからといって健康診断を避ける必要はない

妊娠を無事乗り切るためには、お母さんが健康でいることが一番です。胎児に一切影響のない検査もたくさんあるので、せっかく検査を受けることになったのなら健康に問題がないことを確認してもらいましょう。

人間ドックを受けたあとに妊娠がわかった場合は?

もし、人間ドックを受けたあとに妊娠がわかった場合はどうすればよいのでしょうか。答えは、「ほとんど胎児に影響はないので落ちついて生活する」です。

一般的な検査で胎児に影響が出ることはまずない

「日本放射線技術学会」によると、胎児に影響が出る被ばく量は「100mGy(ミリグレイ)」以上だとされています。

病院で使っている機器にもよりますが、頭部や胸部、腹部、腰などを含む全身のX線検査を受けた場合の被ばく量はおおよそ20から30mGy前後。PET検診のように全身をチェックする検査でも、1回あたりの被ばく量は100mGyの0.05倍程度だとされています。

よほど強い放射線を、継続的に直接お腹へあてるような治療を行わない限り、多少レントゲンを使った検査を受けたところで胎児に影響はないのです。また、100mGy以上の放射線を胎児が浴びてしまったとしても、生まれてくる子どもが100%何らかの問題を抱えているというわけではありません。

参考:『妊娠と医療での放射線について』日本放射線技術学会

人間ドックよりもストレスが大敵!不安なら病院へ質問に行こう

とくに、妊娠初期はお母さんのストレスが胎児の健康を大きく左右します。強いストレスは体調を悪化させる原因ですし、最悪の場合初期流産等につながる可能性もあるのです。妊娠中は、できるだけストレスを溜めこまないように生活するよう心がけましょう。

基本的に、一度や二度人間ドックを受けた程度では胎児に影響が出る心配はありません。ただ、妊娠初期は不安になって当然ですし、初めての妊娠ならなおさらです。

どうしても不安なら我慢せずに病院へ行き、一回の検査で受ける被ばく量や胎児や母体に影響が出るボーダーラインなどを詳しく聞いて安心しましょう。

みんなが気になる人間ドックのあれこれ

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

PAGE TOP