おすすめ人間ドックランキング in 東京 » いますぐ解決!人間ドック質問箱 » 格安で検査する方法があるってほんと?

格安で検査する方法があるってほんと?

ここでは、人間ドックを格安で受診するための補助金についてリサーチしました。

人間ドックが格安で受診できる補助金制度とは?

人間ドッグ

人間ドックは健康保険の対象外のため、1回の検査費用が10万円かかったり、全身ドックともなれば20~30万円くらいの費用がかかります。いくら精密検査ができるとはいえ、結構な出費になりますね。

少しでも格安にする方法はないものかを調べた結果、補助金(または助成金)を申請したり、保険の割引サービスを利用することで負担金額を減らすことができるようです。

大まかな手法は、以下の3パターンに分けられます。

  • 国民健康保険の場合……役所で補助金を申請する方法
  • 社会保険の場合……健康保険協会、健康保険組合の補助を利用する方法
  • 生命保険の場合……提携医院で割引サービスを使う方法

それぞれについて、解説をしていきましょう。

1.国民健康保険編~人間ドックの補助金を申請する

国民健康保険に加入しており、滞納がない方(家庭)の場合は、人間ドックの補助金(もしくは助成金)を市町村の役所で申請することができるようです。基本的に、年度内に1回だけの申請となりますが、利用しない手はないでしょう。

[注意するべきポイント]

  • 基本的に、年度内に1回だけ申請することが可能
  • 居住している市町村によって、補助金額はさまざま
  • 補助金の対象年齢に制限がある場合もあり
  • 指定医療機関でない場合は手続きが面倒

現在では、生活習慣病の予防や、重病の早期発見のために、ほとんどの市町村で補助の申請ができますが、念のため確認をしてみてください。対象となるのは、人間ドック、脳ドックなどが一般的です。地域によっては、特定健診を受けた人は対象外となるケースもあるため、ご自身の通院状況をチェックしたうえで申し込みを行なうのがベストでしょう。

補助金額に関しては、2~3万円と定額制のところもあれば、検査費用の7~8割の額(ただし上限金額が2~3万円)となっている場合もあるなど、住んでいる市町村によって異なります。

たとえば、大阪市の国民健康保険に加入している30歳から39歳までの人は、自己負担額15,000円、40歳から74歳までの人は自己負担額1万1,000円で人間ドックを受けられるのです。また、昭和47年生まれの人に限っては無料で人間ドックを受けられるという補助制度が用意されています[1]。

また、山口県下関市では、標準コースの人間ドックの自己負担額が11,660円。標準コースに脳ドックを加えても19,760円で利用できます。補助を受けずに人間ドックを受けたときの費用を考えれば、破格の条件です[2]。

申請の手続きについても「受診前に申請」「受診後に申請」「受診前と受診後の両方に申請」といったように変わってくるので、事前にチェックを怠らないようにしてください。

補助の有無、申請手続きの方法、補助金の額すべてが自治体によって違うため、自治体のホームページを年に一度は確認しておきましょう。

自治体によっては国民健康保険の加入者に向けて格安の各種診断を提供している場合もあります。人間ドックの補助金制度がない場合、基本的な健康診断や病気の検診であれば1,000円前後で受けられる場合が多いです。

1年ごとに自治体サービスを利用した健康診断と自費による人間ドックを受けるようにすれば、長い目で見たときの出費も抑えられるでしょう。

2.社会保険編~健康保険協会、健康保険組合の人間ドック補助を利用する

会社勤めをしている人は、社会保険に加入していると思いますが、この保険を利用して人間ドックの補助を受けるのも手です。中小企業の場合は、全国健康保険協会より発行された保険証(協会けんぽ)を利用していることが多いはずですから、指定医療機関に事前予約をすることで、格安で人間ドックを受診することが可能です。

基本的に、保険料を事業者と労働者で折半する社会保険は、国民健康保険よりも保障や給付が手厚くなっています。用意されている制度を利用するかどうかは加入者の考え次第ですが、せっかく用意されている制度を使わずにいてはもったないですよね。

社会保険はどこも公的なホームページ等を開設しています。普段、自身が加入している社会保険の約款や規約をチェックしていないという人も、この機会にチェックしておきましょう。

大手企業などに勤めていて健康保険組合に加入している場合は、人間ドックを受診する際に健康保険組合の補助が受けられますので、これを利用するのがおすすめです。

大手企業の健康保険組合は、従業員の数が多く資金力も豊富なので、福利厚生サービスが充実しています。一般的な社会保険に比べてもさらに補助金の額が高く、より格安で人間ドックを受けられる場合も少なくありません。

[注意するべきポイント]

  • 基本的に、申請が可能なのは同年度内に1回だけ
  • 健康保険組合の場合は、所属する組合によって待遇が変わる
  • 補助を利用できる年齢は30~35歳以上がほとんど
  • 指定医療機関で受診しなければならない

やはり、大企業やグループ会社になると、健康保険組合に入っていることが多く、メリットも多大です。一例を挙げると、電機メーカーのHITACHIなら日立健康保険組合、FUJITSUなら富士通健康保険組合といった会社単位の保険組合があり、提携している医療機関で人間ドックを受ければ補助を受けることができます。NTT健康保険組合の場合だと、通院ドックが6,000円という破格なのは驚きました。

業界ごとに特化した健康保険組合、例えば「関東ITソフトウェア健康保険組合」といったものに自分の勤める会社が所属している場合も、格安で人間ドックを受けられます。関東ITソフトウェア健康保険組合の例だと、1日人間ドックなら約1万円、2日人間ドックでも約2万円で受診できる恩恵は計りしれません。

ほかにも、東京不動産健康組合、出版健康保険組合、東京都医業健康保険組合といったように、業界ごとに組合があるので、詳しく知りたい人は「けんぽれん」(健康保険組合連合会)のサイトで、さまざまな健康保険組合について調べてみるといいでしょう。各健康保険組合に公式サイトがあれば、そこで補助金について知ることができるはずです。

もちろん、こういった恩恵は本人(被保険者)だけでなく、扶養家族(配偶者、被扶養者)もほぼ含まれますので、最大限に活用することが家計にも優しいといえるでしょう。

関東信越税理士国民健康保険組合のように、提携している指定の医療機関で人間ドックを受ければ、支払い時、人間ドックの料金から自動的に補助金が差し引かれるというところもあります[3]。しかも申請不要です。

手続きの面で見ても、自身が加入している社会保険を利用するほうが手間はかかりません。

また社会保険や大手企業の組合保険の場合、利用する医療機関が指定されているため、病院探しに時間を取らなくてよいというメリットもあります。

3.生命保険編~提携医院で人間ドックの割引サービスを使う

民間の生命保険に加入している場合も、人間ドックの割引サービスを受けることができるようです。例えば、大手のNISSAY(日本生命保険)では、提携医療機関で人間ドックを受診すると、検査費用から最大30%の割引。

東京海上日動あんしん生命では、「人間ドック・脳ドック・がんPET検診優待サービス」を使えば、最大20%割引で人間ドックやがんのPET検診を利用可能。

アフラック(アメリカンファミリー)などでも、割引サービスや人間ドックの紹介、予約サービスを展開しています。

大手の損害保険や、外資系の保険会社の立場からすると、保険の加入者が病気になると保険金を支払わなければならないため損になってしまいます。

人間ドックの費用を一部負担しても、そのぶん保険の加入者が長生きしてくれれば保険料の支払いで元が取れるため、人間ドックの割引サービスを提供しているのでしょう。

とはいえ、生命保険の割引サービスは一般にあまり知られていないこともあって、基本的に自分で調べて手続きをしないと適切な補助が受けられません。逆に、お得なサービスがあると知っていれば生命保険選びがしやすくなります。

[注意するべきポイント]

  • 割引率は検査施設・検査内容によって変動する
  • 検査機関や医療機関によっては割引が適用されない
  • 他の割引サービスと併用することは不可が多い

生命保険では支払いの有無でトラブルも多いため、慎重になる方も多いと思いますが、サービス全体を考えれば、人間ドックの割引だけではないため、上手に付き合えばメリットが増える方もいるでしょう。

生命保険会社に連絡すれば、提携医院に予約を入れて人間ドックを受診するための手続きをしてくれるので、申請の煩わしさは少ないといえるかもしれません。

また、健康関連の手続きや割引サービスを生命保険にまとめておけば、人間ドックを受けたいときや病気になったときの連絡先を一本化できます。

節約のためにあちこちに連絡を取ったり調べ物をしたりするのが面倒に感じる人は、最初から人間ドックの割引サービスを行っている生命保険を選ぶのもひとつの手です。

ぜひ、ここで紹介した3つの手法をうまく活用することで補助金のサポートを得て、人間ドックを格安で受けましょう!

費用で妥協してはいけない人間ドックのポイント

格安のプランを選択すると、がんなどの重病の検査が抜けていたりします。安さのために命にかかわる病気の検査ができないのであれば、人間ドックを受診する意味がありません。費用も大切ですが、がんや感染症など受けるべき検査が含まれているかも重要な要素となります。

また、補助金制度を利用して人間ドックを格安で受けられるようになれば、浮いた費用で各種オプションもつけられるでしょう。人間ドックのオプションには、全員に必須ではないものの受けておいたほうがよい検査もたくさんあります。

具体的には、脳ドックもそのひとつ。多くの病気は早期発見・早期治療がなによりも大切なので、年に1度の人間ドックにお金をかけるメリットは大きいものです。

下記のページでは、大切な検査がしっかり含まれたクリニックを「検査にかかる時間の短さ」「検査項目数の多さ」「費用のリーズナブルさ」をランキング形式で紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

大事な検査がしっかり含まれて、しかも半日で終わるクリニックBEST3

参考サイト

[1]『年に1度、1日人間ドックで健康チェックを受けましょう』大阪市のホームページ
http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000008228.html
[2]『国民健康保険 人間ドック、歯科健診、はり・きゅう』下関市のホームページ
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1102473506500/index.html
[3]『人間ドック等補助金』関東信越税理士国民健康保険組合
http://www.ka-z-kokuho.or.jp/business.html

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

PAGE TOP