おすすめ人間ドックランキング in 東京 » いますぐ解決!人間ドック質問箱 » 人間ドックの項目の選び方【年齢・リスク別】

人間ドックの項目の選び方【年齢・リスク別】

検査項目のチェック

人間ドックを受ける最適な年齢をご存知でしょうか。一般的には、病気になりやすくなってくる40代からは、検査項目も増やし本格的に人間ドッグを受けたほうがいい年齢です。しかし、家系でなりやすい病気があったり習慣リスクがある、検査で異常値が出ていたりするなど、20代から受けたほうがいい人もいます。

実は、人間ドックに最適な年齢はありません。10代20代でも大病を患ってしまうことがあります。大切なのは、自分の体が今どのようになっているのか。将来的にどのような病気のリスクがあるのかを知っておくことなのです。しかし、人間ドックと言っても、ただ受ければそれで良いかと言えばそうであありません。年齢や体の気になる部分によって検査内容は異なります。リスクに応じた検査項目の選定と、年齢や男女別で選定する方法の2つから総合して判断することが大切です。このポイントに気をつけておくことで、検査項目を選定しやすいです。

特にリスクが自分で思いつかない人は年齢、および性別で受ける項目を決める

10代:血液検査

10代で人間ドックを受ける人はあまり多くありません。しかし、今後の体の状態を知っておくためにも、人間ドックを受けることは良いことです。人間ドックの中でも血液検査を中心に診てもらうことをオススメします。血液検査をすることで、体の様々な異常を発見することができます。そのため、数値に異常が出ていたら、10代のうちから気をつけておくことも可能です。食生活がここ数年で大きく変化したことで、10代でも生活習慣病を発症させてしまうケースがあります。このリスクを回避するためにも、不安な人は、10代から人間ドックを受けることをオススメします。また、人間ドックを受けることで、この先かかるかもしれない病気を知ることが出来ます。この先どのような病気のリスクがあるかを知っておけば、予防をすることができるのでおすすめです。

20代~30代男性:胃、心臓、肝臓

20代、30代は、特に働き盛りの年齢です。健康診断を受けているので、人間ドックなんて受けなくても良いと思う人もいます。しかし、人間ドックを受けることをおすすめします。働き盛りで不規則な生活を送りがちな人がなりがちなのは、胃の病気です。若くても、胃カメラ、胃バリウムでの検査は受けたほうがいいでしょう。胃の検査は、バリウムを選択し異常が出た場合、胃カメラを再度受けることになるので、精密な検査をしたい人は胃カメラをおすすめします。特に、生活習慣が崩れている人や、食欲不振の人、胃痛が定期的にやってくる人は是非胃の検査を受けましょう。メタボも30代後半ともなると引っかかる人が出てきます。ここ最近、メタボや生活習慣病は30代のみならず20代でも発症しているケースがあります。生活習慣病にかかりやすい人は、血液検査を受けることをおすすめします。血液検査を行うことで、リスクがあるかがわかります。また、20代で痛風になる人も増えています。これは、レバー、ホルモン、ビールを好き好んでいる人は必ずチェックをしましょう。痛風にかかってしまってからでは手遅れなので、数値をチェックすることが大切です。心臓の検査は30代後半では受けるようにします。また、仕事上アルコールを摂取する機会が多く、肝臓に負担のある年齢でもありますので、腹部エコーも30代前半から受けておいたほうが安心です。その理由は、肝臓、胆のう、すい臓、ひ臓、腎臓は健康診断の検査では、異常を見つけることが難しいと言われています。そのため、これらの器官に異常が生じてないかを調べるためにも精密検査が必要なのです。肺や腫瘍マーカーの検査は自分でリスクを感じない限り受けなくてもいいでしょう。このように、20代30代では検査しておきたい項目があります。これらは、「病気を予防するため」「ちょっとした変化を感じ取るため」に精密検査をしてもらうようにしましょう。

20代~30代女性:胃、肝臓、子宮、乳房、骨

20 代30代男性同様、生活習慣病や、胃や肝臓の検査をしておくのが良いでしょう。特に、女性の中には胃の病気にかかりやすい人もいるので、胃カメラやバリウムで検査をして置くことが大切です。これらの検査の中でも、女性であれば女性特有の病気に関しては若い年齢から検査を受けておいたほうが安心です。乳がんや子宮がんが該当します。上記で紹介した検査の中でも、乳がんや子宮がんは、若い年齢の方ががんの進行速度が早く最悪手遅れの場合があります。そのため、検査をしておきましょう。乳がんの検査では、乳腺エコーをおすすめします。乳がん検査の時によく登場するマンモグラフィーは、 40代以降になってからが効果的です。まだ乳腺が発達しているうちは、乳腺エコーで見るようにしましょう。この検査は、仰向けの状態で乳房にゼリーをぬり超音波を出す器具をのせて調べるものです。超音波を使用するため、マンモグラフィーのような痛みはありません。また、何度でも検査が可能です。しかし、精度は落ちるので、より精密検査をしておきたい人は、乳腺MRIをおすすめします。費用と時間がかかりますが、精密検査が可能です。また、若い時でも受けたほうがいい検査として骨密度検査があります。20代ではまだ受けなくてもいいですが、30代ではすでに骨粗しょう症のリスクが高まっています。その他は20 代30代男性同様、生活習慣病をはじめとした病気をチェックするため、男性と同じで胃や肝臓の検査を受けおいたほうがいいでしょう。特に、女性の中には胃の病気にかかりやすい人もいるので、胃カメラやバリウムで検査をして置くことが大切です。30代までは、これらの項目を特に検査してもらうようにしましょう。40代以降になると、体の異常があらゆるところで発生する可能性があるので、今後自分の体がどのようになるのかを知っておくためにも人間ドックで体の状態をチェックしておきましょう。

40代~50代男性:肺、胃、心臓、肺、肝臓

働き盛りの40代〜50代。ここの年齢で大病を患ってしまうと、命の危険につながる場合もあります。また、この時期に病気をしてしまうと仕事に大きく影響してしまうので、30代以上に人間ドックを受ける必要があります。検査項目も30代までとは大きく異なるので注意が必要です。特に検査を行いたいのが、がんです。男性のがん死亡率で高いのは肺がんです。30代と違い、40代になれば肺の検査をリスクに応じて受けたほうがいいでしょう。基本的に胃、心臓、肺、肝臓の基本検査はこの年齢になると男女ともに受けるようにします。がんの可能性があるところには、精密検査が必要です。胸部CTスキャンは特におすすめです。肺がんの早期発見にもつながります。また、バリウムで胃の検査をこれまでしてきた方でも、胃カメラをおすすめします。胃カメラを使った検査を行うことで、がんの早期発見につながります。脳疾患やがんの詳細検査は疑いがある、健診でリスクの高い値が出た場合に追加で受けるようにします。ここ最近は、医療技術が発達したこともあり、大腸がんの早期発見がしやすくなっています。40代以降になったら、2年に1回は大腸の検査も定期的に行うと良いでしょう。また、50代になると前立腺がんの可能性もあるので、気になる方は比較的簡単に結果が出るPSA検査を行いましょう。これは採血のみで行うことができるので、安心です。男性女性ともに、脳梗塞のリスクも40代以降は高くなります。脳梗塞にならないためにも、脳MRIや脳MRAで一度精密検査を受けてみるのも良いでしょう。

40代~50代女性:腸、胃、心臓、肺、肝臓、子宮、乳房、骨

女性の場合、死亡率の高いがんは大腸がんと男性と異なります。腸の検査は受けておいたほうが早期発見につながります。大腸がんの検査は大腸がんの検査は、便潜血で検査することもありますが、定期的なカメラを使った検査もおすすめです。早期発見につながります。基本検査は男性と同様に受けるようにし、若い時と同様に、子宮や乳房の検査も引き続き実施したほうがいいでしょう。乳がん検査も乳腺エコーではなくマンモグラフィーの検査を受けるようにしましょう。また、子宮ガンのリスクも上がるので、子宮細胞検査も受けるようにしておくと安心です。また、更年期になれば様々な病気のリスクがあります。骨粗しょう症もすでになっている可能性があります。必ず受けておきましょう。脳疾患は動脈硬化があるなどリスクが高い場合に受けます。40代50代は男女ともに体の不具合が人間ドックを受けることでわかるようになります。どの病気にかかりやすいかのリスクを知るためにも、定期的に精密検査を行うことがおすすめです。

リスクに応じた検査項目の選定

喫煙者、咳がよく出る人、労働環境の悪い人:肺

タバコを吸う習慣のある人は肺がんになるリスクが高いです。人間ドッグで必ず肺の検査をうけておいたほうが、肺がんでの死亡率が低くなります。

喫煙の習慣が無くても、風邪を引いているわけでもないのに咳が出る人は、肺がん検診を受けておいたほうがいいでしょう。労働環境も粉塵を吸い込むような現場で働く人は、肺の病気のリスクが高いので、早いうちから受けておきます。

アルコールの摂取が多い人:肝臓

アルコールを摂取すると肝臓の病気になりやすいです。脂肪肝や、肝炎という肝細胞が破壊された状態になる人もいます。慢性的に肝炎になれば次に起きるのは肝硬変です。肝硬変になると完治も難しくなります。お酒が好きで毎晩飲むような人は必ず検査をうけておきましょう。

肥満や高血圧、コレステロールが高い人:脳

肥満や高血圧、高いコレステロールは動脈硬化の原因となります。そんな人にぜひ受けてもらいたい項目が、頭部MRIです。隠れ脳梗塞も脳ドッグであれば発見できます。脳梗塞は突然やってきます。マヒが残り手足がうまく使えないなど生活に支障が出てくるので、健康診断ですでにリスクの高い値が出た人は受けたほうがいいでしょう。

コレステロールが高い人、血縁者に心臓病の人がいる人:心疾患系

健康診断で中性脂肪やコレステロール値の高さが指摘された人は心臓の精密検査を受けるべきです。動脈硬化が進行して、心筋梗塞になる可能性が高いからです。また、心疾患は家系的になる病気でもあります。身内に心臓系の病気で亡くなる人が多い場合は、受けるようにします。心臓病の検査の中には、エルゴメーターという心臓の耐久度を測定するものがあります。この検査を行うことで、心臓病のリスクがあるかを知ることが出来ます。この測定は、他の検査とは異なり運動をしていく過程でチェックを行います。

具体的には、自転車をこぐ運動をしてもらい、その後心電図、血圧、脈拍の変化をチェックします。この変化の値で心臓の耐久度を測定します。また、筋力、敏捷性、柔軟性、平衡性も併せて測定するので、心臓だけでなく、運動機能の状態をチェックすることが出来ます。運動不足に陥っている50代以降の人は、測定してもらうのも良いかもしれません。

人間ドックを受けるタイミング

人間ドックを受けるタイミングは、人それぞれです。健康診断を受けているから受けなくても自分は大丈夫と感じている人もいます。

しかし、人間ドックを受けることで体のわずかな変化を発見することが出来ます。

特にがんの場合は、発症後早期発見をするかが治療をする上で大切です。様々ながんを早期発見させるためにも、体がわずかにおかしいと感じたら検査を受けるようにしましょう。

また、年齢的に検査をしなくても良い場所でも、検査をした方が良いこともあるので、異変を感じたら見てもらうようにしましょう。

まとめ

年齢によって、人間ドックの項目は大きく変わります。また検査方法でも発見できないものもあるので、検査を受ける時は、特性を踏まえた上で精密検査を受けるように心がけましょう。

みんなが気になる人間ドックのあれこれ

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

PAGE TOP