おすすめ人間ドックランキング in 東京 » いますぐ解決!人間ドック質問箱 » 20代でも人間ドックを受けたほうがいいの?

20代でも人間ドックを受けたほうがいいの?

20代の方々は人間ドックを受けるべきなのでしょうか?それとも、まだ早いのでしょうか?ここでは、20代の人間ドックについてまとめました。

20代でも人間ドックを受けるに越したことはない

人間ドックとは、主に生活習慣病に由来する病気と、がんの早期発見を目指す検査です。生活習慣病やがんは20代でも起こりうる病気なので、その意味においては、20代でも人間ドックを受けるに越したことはありません。

ただし生活習慣病もがんも、一般には40代以降に急増する症状です。よって、40代以降の方とは違って20代の方には、毎年精密な人間ドックを受けるほどの必要はないでしょう。

なお、医師を対象としたあるアンケート調査によると、「20代や30代の若い世代でも人間ドックを受けたほうがいい」と回答した医師は、全体の18%となっています。

人間ドックを受けたほうがいい20代

40代以降に比べ、人間ドックを受診する必要性が低い20代ですが、次のような方は、たとえ20代であっても積極的に人間ドックを受けたほうが良いでしょう。

肥満傾向の方

肥満傾向の方には、生活習慣病のリスクがあります。生活習慣病とは、心筋梗塞や脳卒中などの遠因となる恐ろしい症状。たとえ20代であれ、肥満傾向の方は人間ドックを受けたほうが良いでしょう。

子宮頸がんが気になる方

子宮頸がんは、20代や30代などの若い女性にも多く発症する傾向があります。ご家族の中に子宮頸がんを患った方がいる場合には、念のため、20代から人間ドックを受けておくことをお勧めします。

若くして血管性疾患やがんを患った親族を持つ方

親族の中に、若くして血管性疾患(心筋梗塞、狭心症、脳卒中など)や、がんを患った方がいる場合には、遺伝性のリスクが潜んでいる可能性があります。思い当たる場合には、20代でも人間ドックを受けたほうが良いでしょう。

人間ドックでは、一般的な健康診断では分からない項目も検査します。上記の3つに該当する方のほかにも、日々の生活習慣に気になるところがある方は、一度人間ドックを受けておいたほうが安心でしょう。

若年性がんに要注意

発症年齢でがんを区分したとき、比較的若い年齢で発症するがんのことを、若年性がんと言います。特定のがんのことを指す言葉ではありませんが、傾向としては白血病や卵巣がん、子宮頸がん、精巣がん、乳がんなどが多いとされています。

若年性がんの原因にはさまざまなものが考えられますが、それら原因の一つとして、遺伝が指摘されています。ご家族の中に若くしてがんを発症した方がいる場合には、たとえ年齢が若くとも、積極的にがん検診を受けるようにしましょう。

人間ドックの
メインイベント

「内視鏡検査」の
基礎知識

行ってよかった 人間ドック体験談
いますぐ解決!人間ドック質問箱
【エリア別】おすすめ人間ドック
運営者情報
PAGE TOP