おすすめ人間ドッククリニックガイド in 東京 » いますぐ解決!人間ドック質問箱 » 子宮頸がん検査と子宮体がん検査の違い

子宮頸がん検査と子宮体がん検査の違い

子宮がんは大きく2つに分類される

子宮がんは、がんが発生する場所によって大きく2つの種類に分かれています。まずは、それぞれのがんにどのような特徴があるかを知っておきましょう。

子宮頸がん

膣に近い子宮の入り口にあたる「子宮頸部」にできるがんのことです。HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに持続的に感染することで発生すると言われています。

HPV自体はありふれたウイルスのため、性交渉ですぐに感染しますが、通常は自分の免疫力で体の外へ排除されます。

しかし、自然に排除されずに感染が長期間におよんだ場合、がんの前段階である「異型細胞」が増殖します。異型細胞が増えた状態がさらに続くと、子宮頸がんに進行しやすいと言われています。

子宮頸がんは20代以上であれば誰でも罹患する可能性があるため、若いうちから積極的に検査することが奨められています。

子宮体がん

子宮体がんとは、子宮の奥にあたる子宮体部の「内膜」に発生するがんのことです。そのため、子宮内膜がんとも呼ばれます。

子宮内膜は月経の度に剥がれ落ちるため、閉経前に発症することはあまりありません。ただし、閉経を迎えると発症リスクが高まるため、50~60代の女性に多いと言われます。

また、妊娠や出産をした経験がない方や動物性脂肪を多くとる方、肥満体や高脂血症、糖尿病などを持っている方も発症リスクが高いとされています。

子宮頸がん検査と子宮体がん検査はどう違う?

子宮がん検査は、内診や細胞診、場合によっては超音波を使って検査する方法が一般的です。

子宮頸部は膣の近くにあるため、子宮頸がん検査では、綿棒などで直接細胞をこすりとって顕微鏡で調べます。

また、腟内に「クスコ」という器具を挿入し、できものがないか、赤みやただれが起きていないか、おりものの状態は正常かなど、肉眼による診察も行います。

一方、子宮体がんの検査は、子宮頸部よりもさらに奥の細胞を採取する必要があります。

そのため、人によっては痛みや不快感を生じる可能性もあるでしょう。また、出産未経験の方や高齢の女性は子宮口が狭いか閉じている場合もあり、採取器具をうまく挿入できません。そのような場合は処置によって子宮口をひろげるか、麻酔をかけて検査します。

ひとつ注意しておかなくてはならないのが、一般的に「子宮がん検診」と言われるのは子宮頸がんを発見するための検診です。子宮の奥にある子宮体がん検査は、検診に含まれてないケースも多くあります。

子宮がんには2種類あり、子宮頸がんと子宮体がんで検査方法が異なることを知っておき、検査内容を事前に確認するようにしましょう。

ニーズ別にピックアップ!
おすすめ人間ドッククリニックを見る

東京都内で、土日も人間ドックを受診できるクリニックを調査!

東京都内で、土日に受診でき、検査が半日以内で受けられるクリニック全4院を対象に、

  • 検査時間
  • 当日中に検査結果がわかるか(医師から結果をもとにした健康指導が受けられるか)
  • 身体的負担の少ない、経鼻の胃カメラが受けられるか

を調査しました。

おすすめクリニック4選

東京人間ドッククリニック
(コース:胃カメラ・胸部CT付き人間ドック)
検査時間
約80分
検査結果
当日
(検査結果説明:あり)
経鼻

公式サイトで詳しい費用を見る

健診会東京メディカルクリニック
(コース:胸腹部)
検査時間
2~3時間
検査結果
2~4週間後(検査結果説明:別日、要予約)
経鼻

公式サイトで詳しい費用を見る

MYメディカルクリニック
(コース:半日人間ドック)
検査時間
2~3時間
検査結果
約1か月後(検査結果説明:別日、要予約)
経鼻

公式サイトで詳しい費用を見る

東京ミッドタウンクリニック
(コース:人間ドック)
検査時間
2~3時間
検査結果
約1か月後
経鼻

公式サイトで詳しい費用を見る

免責事項

このサイトは2015年11月時点の情報をもとに、情報を収集してまとめたサイトです。各サイトからの口コミにはその当時の引用元を表記しておりますが、現在は変更・削除されている可能性もありますので、ご了承ください。正確な情報発信に努めておりますが、最新の情報や詳しい内容については各公式サイトや医師に直接ご確認ください。
【人間ドックについて】
人間ドックは、「自覚症状を持たない病気」や「将来的に病気を引き起こす可能性がある身体の異常」を早い段階で発見し、早期治療や予防を行うための総合的な検査です。
【人間ドックの費用】
クリニックで受ける人間ドックに関する検査は保険適用外となり、治療にかかる費用は全額自己負担となります。また、クリニックによってプランや検査数が異なるため費用が変動します。
【人間ドックにかかる期間】
提供しているクリニックや施設により、日帰りドック・1日ドック・2日ドック・1泊ドックなどさまざまです。実施している内容も異なりますので、詳しくは各クリニック・施設にお問い合わせください。
【副作用・リスクについて】
副作用やリスクなども検査方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから検査をご検討いただくことを推奨いたします。

PAGE TOP