脊椎ドック

MRIやCTといった精密機械で検査を行なう脊椎ドックについてリサーチ。
人間ドック受診時の検査項目・費用相場・使用機器などをまとめました。

脊椎ドックの検査項目と発見できる病名一覧

人間の健康状態に深く関わっている脊椎の精密検査を行なうのが「脊椎ドック」です。

最新のMRIやCT、X線(レントゲン)で検査するため、すべての病院やクリニックで実施していませんが、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患や、首や腰の痛みの元となる椎間板ヘルニアの早期発見や予防に役立つ検査といえるでしょう。 

脊椎ドックの検査項目

脊椎ドックの検査項目は、頸椎ドック、胸椎ドック、腰椎ドックの3つに分かれていたり、首と腰の両方を含めて脊椎ドックという病院・クリニックもあれば、すべての脊椎を検査する全脊椎ドックと呼ぶところもあります。

いずれにしても、自分が受けようとしている病院・クリニックで、事前に内容を確認するようにしましょう。なお、病院・クリニックによっては、検査項目が変わったり、MRIのみで検査することもあります。

  検査名 頸椎ドック 頸椎ドック 腰椎ドック 全脊椎ドック
脊椎疾患 頸椎MRI    
頸椎CT    
胸椎MRI    
胸椎CT    
腰椎MRI    
腰椎CT    
レントゲン
一般検査 身長・体重・BMI・腹囲・血圧・視力・聴力・血圧脈波検査
その他 後日検査説明
(希望者のみ)

※オプション料金を払って、一般検査を行なってくれるところもあります

見つけられる病気の例

  • 脊柱管狭窄症(頚部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症)
  • 頚椎・腰椎椎間板ヘルニア
  • すべり症
  • 分離症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 脊椎脊髄腫瘍
  • 脊髄の血管奇形
  • 脊椎骨粗鬆症
  • 側わん病など

脊椎ドックの費用相場と所要時間

脊椎ドックにかかる費用は、病院・クリニックの規模や、使用する機器によって変わってきます。MRIとCTの両方で検査するところは高額になる傾向がありますが、最新式MRIを使っている場合は、MRI+レントゲンでも十分な結果が得られることも多いため、予算と検査費を考えながら、相談して決めるといいでしょう。

  • 【頸椎ドック、胸椎ドック、腰椎ドック】約3~7万円
  • 【全脊椎ドック】約7~20万円

また、検査時間については、40分~1時間程度となっている病院・クリニックがほとんど。CTを併用するところは、半日~1日間かかることもあるようです。オプションの検査を用意しているところもあるので、不安な方や、より詳細に検査したい人は利用してみてください。

脊椎ドックに使用する検査機器

脊椎ドックでは、MRI・CT・レントゲン撮影を複合的に用いて、骨や神経の状態、脊椎や脊髄に異常がないかをチェックしていきます。最新の機器を使用することで的確な判断を下し、頚椎・胸椎・腰椎の各部位を評価。小さな病変であっても、画像を拡大して綿密に見ることで、健康状態を診断します。

首(頚部)・肩・腰をはじめ、腕や手の痛みやしびれを感じている人は、病気の予防や早期発見の意味をかねて、受診するのがおすすめといえるでしょう。

MRI(磁気共鳴画像)

磁気を利用することで、生体の断面画像を取得できる装置で、病変を早期に発見することができます。X線を使わないため被曝の心配がないことが利点で、CTより鮮明な画像が得られるなど、メリットが多大といえるでしょう。

しかし、磁気を使用するため、体内に金属が埋め込まれている人は、利用できないケースもあります。MRIの原理を応用して体内の血管の様子を詳しく立体画像化することも可能で、これをMRAと呼びます。

CT(コンピューター断層撮影)

X線を全方位から照射して、体内を透過して検出器に集められたX線の情報をパソコンで解析して断面画像を得る装置。本来は断面の平面画像を得る目的で開発された装置ですが、最近では解析技術が進んだことによって3D画像化することも可能になっています。

近年になって、4列、16列と複数の検出器をもつCTが開発され、撮影時間も短縮できるようになりました。検出器が16列以上あるCTを、マルチスライスCTと呼びます。

PAGE TOP