人間ドックと健康診断の違いは?

いわゆる普通の健康診断と、人間ドックの違いを分かりやすく一覧にしました。

人間ドックと健康診断の違い

健康診断には、法律で毎年受けることが義務づけられている一般健康診断(一般健診)と、自分の意志で受ける人間ドックがあります。2008年からは、メタボリックシンドロームに特化して検査を行う特定健康診査(特定健診)が医療保険者に義務づけられました。

人間ドックと健康診断の違いを簡単に説明するなら、検査項目の数といえるでしょう。より詳細に健康状態を調べたければ人間ドックを、一般的に調べるなら健康診断を選ぶことになります。

それぞれの健康診断の検査内容との違いを比較してみましょう。

人間ドック・一般健診・特定健診の検査項目一覧表

  検査項目 人間ドック 一般健診 特定健診
身体計測 身長・体重・BMI
腹囲
血圧 血圧検査
視力 視力検査 ×
医師診察 問診・触診
眼底・眼圧 × ×
聴力 ×
呼吸器 胸部レントゲン ×
呼吸機能検査 × ×
腎臓 尿素窒素・クレアチニン × ×
尿蛋白
尿潜血 × ×
尿沈渣 × ×
糖代謝 血糖・尿糖
HbA1c
血球 白血球・赤血球・Hb・Ht
血小板 × ×
肝機能 AST・ALT・γGTP
TBil・LDH・ALP・TP・Alb × ×
膵臓 アミラーゼ × ×
脂質代謝 LDL-c・HDL-c・TG
尿酸 尿酸値 × ×
副部長音波 肝臓・胆・膵臓・腎臓 × ×
便 便潜血 × ×
上部消化管 内視鏡・透視検査 × ×

いつもの健康診断だけでは分からない病気が多い

メタボの検査に特化した特定健診は言うにおよばず、一般健診でも胸部レントゲン以外はガン検査がほとんど行われていないことがわかります。

国立がん研究センターでは、胃がん検査は上部内視鏡、大腸がんは下部内視鏡などのように検査方法のガイドラインを定めていますが、これらの検査が行われているのは人間ドックだけということになります。

検査項目が多いほど良いわけではありませんが、がん検査に対応していない一般健診や特定検診を受けているからと安心するのはNG。がんの発症は20代後半から早くも始まり、40代・50代で爆発的に発症例が増えています。会社で毎年健康診断(一般健診)を受けている人も、将来のために人間ドック受診を考えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP